映像・動画の仕事がしたい!

動画撮影
映像や動画の世界は、これまで一般の人に対してはあまり関係が無い世界とされてきましたが、現在では動画の制作に関してもかなり一般の人たちに近いところまできています。
実際、動画サイトには、日々多くの一般の人が撮影した動画が投稿されていますし、そうした人たちの中にも素晴らしい技術を持った人が作ったと思われる動画が掲載されているのです。
そういったツールを利用して収入を得ている人もいるわけですが、このような映像・動画に関わる仕事がしたいという方はどういったことを考えるのがいいのでしょうか。

映像・動画関連の職種を知る

まず大切なのは、どのような職種があるかを知ることです。
映画監督、カメラマン、映像ディレクター、放送作家、音響、照明などをはじめとしたたくさんの職種がありますが、まず自分がどの分野で働きたいのかを知ることが必要です。
どの分野で働きたいかということが分かれば、どこに就職すべきなのかというところも必然的に見えてくるはずです。
このサイトでは、それぞれの職種がどのような仕事をしているのかを紹介しています。

映像・動画関連の就職先を知る

映像や動画関連の就職先も多数あります。
テレビ局はもちろんですし、動画制作会社や広告代理店、アニメ制作会社などもあります。
実力が伴っていれば、フリーランスとして自分が求めている仕事を引き受けることができるでしょう。
何がしたいかを先に考えて、そのためにはどこで働くべきかを探すというのが、映像・動画関連の仕事を行う上では大切なことだといます。

どういったスキルが必要か

こうした世界で働くためには、主に学歴やスキルは最初の段階ではそこまで重要ではありません。
絵のスキルが絶対に必要になるアニメ関連の仕事はともかくとして、それ以外の仕事で最初から大きなスキルが求められることはありません。
大体が働きながらスキルを磨いていくというものですから、安心してもいいでしょう。

ただ、あらかじめ専門学校や大学、短大などで映像や動画に関する知識を身に付けておくことは決して悪いことではありませんし、就職に関してもプラスになるでしょう。
どのようにして就職するのか、どういったスキルが必要なのかといったことも、このサイトでは紹介していますから、映像・動画関連の仕事をしたいという方は、是非とも参考にしてみてください。

>>映像・動画関連の職種
各職種の特徴を解説

>>映像・動画関連の就職先
業界内の就職先にはどのようなところがあるのか

>>映像・動画関連の専門学校
業界入りするための知識はどこで学べるか

>>動画制作の参考書
動画制作の基礎知識は参考書で学ぶ