映像・動画関連の就職先

映像や動画関連における就職先は、実はたくさんあります。
実際に影像や動画に触れる仕事もありますし、直接的と言うよりも間接的に関わるようなものもあります。
では、どのような就職先があるのでしょうか。

テレビ局の制作部

まず一つ考えられるのが、テレビ局の制作部です。
ここでは、テレビ番組の制作が行なわれており、番組制作の中心といわれていることから、テレビ局で働きたい人にとって憧れの場所とされています。
制作部は、番組に関することすべてに関わっているところであるため、とても忙しい部署であるともいわれており、日々の体調管理のが求められます。

制作部で働くためには、とにかくテレビ局に入ることをまず考えるべきです。
面白いテレビ番組を作りたいという心意気が重要なことはもちろんですが、最初別の部署に配属されたとしても、後々に制作部に配属される可能性もあるからです。

動画制作会社

動画制作会社は、動画を制作している会社です。
動画サイトに公開されるものはもちろん、CMの制作も行っています。
動画によるマーケティングを行いたいというクライアントの依頼を受けて動画を制作するところが多く、インパクトを見た人に与えることを目的とした動画を制作しているのです。

動画を制作したことがあるという実績、そして面白いアイデアを持っているというのであれば、働くことができる可能性は高いです。
また、専門学校を卒業した後でも、面白いものを作りたいという熱意があれば、同じく採用される可能性は高くなるでしょう。

広告代理店

広告代理店は、メディアの広告を広告主に売ることによって手数料を得る仕事を行っています。
映像制作自体には直接関わらない仕事ではありますが、映像制作のための予算を確保するスポンサーの役割として大きな力を持っています。
特にアニメ制作の際には、テレビ局の制作費に頼らない制作委員会方式が主流となっていいるため、広告代理店の役割は大きいのです。

広告代理店で働きたいと思うなら、業界についてしっかりと理解して、それに相応しい志望動機を持って面接に挑むことが大切になります。
激務であることが知られていますが、仕事においてはやることも多くやりがいがある仕事であるといます。

アニメ制作会社

アニメ制作会社は、アニメーションの制作が主になるところです。
元請製作会社、下請け制作会社、専門スタジオと呼ばれるところに分かれており、それぞれ異なる仕事をしていますが、アニメーションを制作するという点に関してはどこも変わりはありません。
人件費などの問題、あるいは評価の問題などから、アニメ会社で働く人の中でも、アニメーターと呼ばれる人の雇用形態は正社員や契約社員でもなく、出来高制の個人事業主として雇われることが多いようです。

アニメ制作会社で働きたい場合、とにかく一定のスキルが必要になります。
実力が無ければ働くことは難しいでしょうし、年齢制限が厳しい面もありますから、アニメ制作会社に入りたいのであれば、専門学校や大学などで絵のスキルを磨いておくといいでしょう。

フリーランス

ある程度のスキルを身に着けることができたのならば、フリーランスとして働くというのもひとつの手です。
フリーランスというのは、特定のクライアントに所属するというものではなく、様々なところから様々な仕事を受注するというものです。
他の就職先とは違い、自分で全てを決めて動くような仕事となります。

フリーランスになるためには、ある意味では何も必要はありませんが、一人で仕事をしていけるだけの能力は必要になりますし、何かしら自分をアピールするための方法も必要です。
また、業界内で強いコネがあるとフリーランスとしての仕事を紹介してもらえる可能性もも高くなるため、独立するまでに何かしらのコネクションを作っておくといいかもしれません。

映像・動画関連の就職先にはこうしたものがあります。
どこで働くにしても、やりがいはあるといます。

>>テレビ局(制作部)
映像・動画業界における花形

>>動画制作会社
動画ならお任せの専門会社

>>広告代理店
メディアの宣伝は全てここにかかっている

>>アニメ制作会社
今や日本の文化であるアニメーションの専門会社

>>フリーランス
業界でも屈指の技術が必要になる独立者