フリーランス

ある程度実力が付けいたと判断した時点で、フリーランスとして独立をする人もいます。
映像クリエイターとして独立する人も多いですが、そういう人たちは様々な分野で活躍をしています。

どのようなことをしているか

こうした独立したクリエイターがやっていることは、もちろん本業のクリエイターとしての仕事もありますが、ずばり世間に自分のことを知ってもらうことです。
例えば、ブログに記事を書くことはもちろんですし、ポートフォリオに掲載可能な仕事を受注することもそうです。
自分の技術で活躍できそうなところをリサーチするのも当然のことですし、WEBサイトの宣伝も行うべきことです。

どれだけ有名なところで働いていたとしても、その場所の名前が有名であって、個人で仕事を貰おうと思ってもそれが難しい都なった場合、1から自分のことを知ってもらわなければなりません。
ブログの更新ひとつでも、アクセスが増えればそれだけ露出が増えるという狙いがあるからこそです。

作品の紹介が肝

自分の紹介以外に最も大切にするべきなのは、自身の作品の紹介です。
何だかんだいったところで、映像でも何でも実績を紹介しなければ、人は納得しません。
どのような作品を作ることができるのかが分かって、初めてこの人に依頼をしてみようという気持ちが沸くものだと思われます。

活躍できる場所のリサーチについて

活躍できる場所というのは、フリーランスとして単独で作品を作ることができる場所を探すということになります。
その他、自分のスキルを活かすことができる場所であれば問題はありません。
リサーチはネットや業界の機関紙などを使って行います。

宣伝について

宣伝の方法は様々です。
SNSを活用することはもちろん、ダイレクトメールで知ってもらうという方法も考えられます。
とにかくインパクトのある宣伝方法を常に模索することを心がけます。

フリーランスは自由がきく分、1から10まで自分で考える必要があり、とても大変な部分が多いものです。
仕事が軌道に乗りさえすれば、個人としての収入を受け取ることができるため、大きな収入を得られる期待値の高い職業でもあります。