広告代理店

広告代理店というのは、メディアの広告を広告主に売って手数料を得るという仕事を行っているところです。
昔は基本的にこれだけを行ってきましたが、時代と共に役割が広がっている部分があり、広告の制作支持をするのも仕事のひとつとなってきています。

広告代理店が製作部門を持っている場合には、広告制作会社と製作部門が共に仕事を行います。
更には、顧客企業の商品開発や製品イメージの構築、イベントのプロデュースなどを行います。

広告代理店の種類

高校代理店の種類はいくつかあります。
まずひとつは総合広告代理店と呼ばれる、あらゆるメディアに対応するところです。
大手の総合広告代理店は、製作会社、特定の分野に特化した広告代理店を子会社として持っており、大きなグループを形成しています。

また、規模としてはそこまでの大きさは無いですが、特定の分野に秀でている専門広告代理店と呼ばれるところがあります。
そして、ハウスエージェンシーと呼ばれる、広告会社を除いた親会社の宣伝活動を助けることを目的として存在する事業子会社があります。
ハウスエージェンシーは、親会社の保有する広告媒体の管理を行っていることが多いです。

テレビや映画制作における立ち位置

広告代理店は、テレビや映画の制作におけるスポンサーとして大きな力を持ってます。
テレビ局の製作費に頼らないで出資者を募る制作委員会方式が主流になっているアニメ産業においては特に重要な位置を占めています。
ただ、製作費の一部を広告代理店が確保することにより、番組映画の製作費の確保が十分でないとの批判もあるとのことです。

業務体質について

一部の広告代理店では、過酷な勤労環境であるとささやかれています。
事実、過去には過労自殺をしたという広告代理店の社員の家族が裁判を起こしたという話もあります。
現在、大手の広告代理店では、残業の見直しをアウトソーシングを使うことで行う努力を見せていますが、結局のところは製作プロダクションの負担が大きくなってしまっているため、本質的な問題解決にはなっていません。