テレビ局(制作部)

テレビ局
テレビ局にある制作部とは、テレビで流れる番組を制作しているところです。
製作部は、番組制作における中心的な存在となっており、テレビ局で働きたいという人にとっては正に花といってもいい存在なのです。

制作部で働く人たち

制作部で働いている人たちは、アシスタントディレクター、ディレクター、プロデューサー、チーフプロデューサーなどが働いています。
テレビ局内では、こうした職種の人たちを、AD、D、P、CPなどと略して呼ぶことが多いです。
同様の肩書だとしても、テレビ局では様々な番組があるため、その仕事内容も様々なものがあります。

番組が違うと仕事内容も異なる

ディレクターを例にとると、例えばドラマのディレクターの場合には映画でいう監督の役割を果たします。
一方バラエティー番組におけるディレクターというのは、演出や企画などの役割も持っており、情報番組などにおいてはカメラの仕事をする場合もあるのです。
こうしたように、番組が変われば役割も変わるというのが、製作部の特徴となっています。

そして、製作部というのは、番組の企画や番組内のコーナーの立案や会議、番組編集など、番組の全てに関わっているところですから、必然的に忙しい部署としても知られています。
夜遅くにまで番組製作を行わなくてはならないこともあり、徹夜になることも想定されますから、体調管理を十分に行うこともディレクターに求められる大切な仕事になります。

制作部で働くためには

テレビ局の中でも、一番働きたいという希望者が多いのが製作部だといわれています。
テレビ局で働く以上は面白い番組を作りたいという思いを持っている人が多いのは当たり前のことでしょう。
しかし、テレビ局に入ったからといってもすぐに希望通りの部署に配属されるというわけではありません。

テレビ局の中には、製作部以外にも様々な部署がありますから、必ずしも制作部に配属されるわけではないというのが実情なのです。
テレビ局にも中途採用はありますが、募集されるのは大体技術職や美術職となります。
製作部の中でも、ディレクターやプロデューサーを目指しているという方は、テレビ局に新卒入社するというのが筋になるでしょう。
番組製作会社の場合、中途採用からでもディレクターなどの職種を目指すことは十分に可能です。