映像・動画関連の職種

映像や動画関連における職種はたくさんあります。
その職種にはどのようなものがあるかの紹介をしていきます。

映画制作の花形

映画を作る上での花形ともいる職種が映画監督です。
映画を観る時には、誰が監督をしているのかが気になるものですが、実際に映画が面白いかそうでないかについては、監督が誰であるかが大きな要素を占めてきます。
それもそのはず、映画製作の全てにおける責任者こそが映画監督であり、キャストはから演出、セリフ、舞台セットにおけるあらゆる部分においての権限を持っているからです。
いってみればオーケストラの指揮者のようなもので、良いものにするのも悪いものにするのも監督次第といるわけです。

カメラマン・映像ディレクター

カメラマンは主に写真を撮影することが仕事で、映像ディレクターは番組のコンセプトに従って番組の制作を行う仕事です。
この2つは割と近い関係にあり、カメラマンはテレビ番組で使われる写真を撮影することもありますし、その写真を映像ディレクターが使うこともあるのです。
どちらの仕事においてもそうですが、特にカメラマンは単に写真を撮ればいいような仕事ではありませんし、映像ディレクターも、番組の制作においてより面白いものにすることが求められます。

放送作家

テレビやラジオの脚本を書き、番組の構成を考えるということから構成作家と呼ばれるものです。
テレビ番組であれば、必ず脚本はあるのですが、そのために必要な企画を創る人物こそが放送作家なのです。
ドラマや報道以外、全てのジャンルを扱う仕事になります。

音響・照明

音響や照明の仕事は、ライブやコンサートにおいて光や音の演出を行うものです。
もちろん、別々の仕事もありますが、両者の役割は被写体を状況に応じて最適な状態に見せることです。
音響であれば、例えば楽しい場面があればその場面にピッタリの音を出すことが求められますし、照明であれば、それに合わせた明るいライトが求められるといったものです。
一見して音を出すだけ、光を出して物や人を照らすだけという仕事かもしれませんが、実際のところ、演出という面においてはものすごく重要な役割を持ったポジションにある仕事なのです。

アートディレクター

アートディレクターとは、広告代理店における広告の企画や制作を行う仕事です。
広告代理店の責任者、デザイナー、スタイリスト、カメラマンなどをまとめる役割を持っています。
プロジェクトリーダーとしての役割を持っているため、大きなやりがいを持って仕事に挑むことができます。

映像編集者

映像編集者とは、映像の編集を行う仕事をする人のことをいいます。
様々な映像を編集して放送用のVTRを作り出すのです。
視聴者に対してそれがダイレクトに伝わるため、どういった形で見せるのかといったことがとても重要になります。

編集の仕方によって、良い反応を受けることもありますし、その反対もあり得ます。
状況によっては大きな問題になることもあるため、とても責任感の求められる仕事だといますが、その分やりがいも大きな仕事です。
これ以外に、作成された映像を電波に乗せて視聴者に届ける放送エンジニア、キャラクターや背景などを作るアニメーターなどの職種があります。

>>映画監督
映像制作を取り仕切る立場

>>カメラマン
活躍の幅が広いポジション

>>映像ディレクター
映像に関する優れた知識が必要

>>放送作家
企画力が求められる職種

>>音響
聞きわけができる鋭い耳が必須

>>照明
映像・動画を光で彩る演出家

>>アートディレクター
制作プロジェクトをまとめるリーダー的存在

>>映像編集者
映像に関するあらゆるノウハウが求められる

>>放送エンジニア
チームプレイで現場をサポートする

>>アニメーター
アニメーションのプロフェッショナル