放送エンジニア

映像や動画に関わる仕事のひとつに、放送エンジニアというものがあります。
これについての紹介をします。

仕事内容について

放送エンジニアは、連携プレイで視聴者に映像を届けるのが仕事のひとつです。
放送技術者の仕事には、送信アンテナ、送信機などを調整・操作して放送電波の発信を行う送信業務や、決められた時間に順番に番組を電波に乗せて放送する送出業務、そして番組制作に関わる制作業務、研究・開発業務といったものがあります。

テレビ局の制作技術者の場合、カメラ係、音響係、そして照明係がいます。
その他、映像システム、撮影機材の技術的な調整や整備を行うビデオエンジニア、そしてタイムキーパーと呼ばれる時間の調整役、スイッチャーと呼ばれる映像管理を行う人が活躍しており、これらの仕事を行う人たち全てを放送技術者と呼び、彼らの連係プレイによって放送が成り立っているのです。

放送エンジニアの働き方

放送技術者は、テレビ局や番組制作のプロダクションに所属することになります。
製作を行う場合には、撮影の時間が不規則であるため、勤務時間に加え生活も不規則になりがちです。
職場の中には男性の割合が多いのですが、近年は女性も増えている傾向があります。
ちなみに、タイムキーパーに関してはほとんどが女性となっています。

放送技術者に相応しい人

放送技術者として求められる適正については業務によって異なってきます。
製作を行う場合、たくさんのスタッフとの共同作業となるため、周りの人との作業をうまく行うための協調性が求められてきます。
また、提示された仕事をしっかりとこなす力も求められますし、長時間の撮影に耐えることができるだけの体力も必要となってきます。

放送技術者の将来について

放送技術者として働くフィールドは、新しいメディアが登場したことによってその場が増えてきています。
ケーブルテレビやCS、BS放送などが増加したことがその理由となっており、自主製作番組に力を入れているようなところでは、専門の技術スタッフは歓迎されます。
こうしたところがあるため、放送技術者の活躍の場は今後大きく広がっていくことが予想されます。

放送技術者になるには

放送技術者になるためには、大学や短大、専門学校などで専門知識を学んだ上で、放送局や制作プロダクションに入るのが一般的になっています。
ただ、放送分野における幅広い放送技術の適性を考慮した腕、工学系以外にも必要な技術を持つ文系の学生も採用のチャンスを与えているところもあります。
制作業務を希望する場合には、学生時代から制作プロダクションならびに放送局でのアルバイトをして仕事について知っておくと就職にも役立つでしょう。