アニメーター

enpitu
アニメーターというのは、キャラクター、背景などの動きを創る仕事です。
アニメーション作品は、企画、シナリオ、仕上げ、撮影といった工程に分かれていますが、策がと呼ばれる部分をアニメーターは担当することになります。
シナリオや企画に沿った絵を指示通りに作成していきます。
原画と動画を描く人は別々になっているのですが、新人の場合はまず動画からの担当が一般的となっています。

アニメーターになるには

アニメーターになるための特別な資格や学歴はありません。
一番求められる部分は、プロとしての仕事ができるだけの画力です。
いってしまえば、画力が伴っていればすぐにでも仕事を始めることができるというわけです。

この画力というのは、単に人と比べて絵がうまいというだけではなく、デッサン力や画面構成力などのスキルが求められます。
独学での画力向上も可能ですが、誰に習うわけでもないため、行き詰ってしまうこともあります。

そこで、専門学校に通うという手段があります。
高校卒業後にアニメーションの専門学校や美術系大学、アニメーション学科のある大学に行くことで、アニメーターになるためのスキルを身に着けることができるはずです。

学校選びについて

アニメーターになるための学校というのは、前まではアニメーション系専門学校に進むことが一般的とされていましたが、最近では4年制の学校であっても、アニメーション学科、アニメーション専攻があるところも増えているといわれています。
専門学校の場合は2年生が多いのですが、大学のように4年学ぶことができるところもあります。
学校によって何を学ぶことができるのかが異なってきますから、じっくりと見て、自分がやりたいことが学べるようなところを選ぶようにしたいところです。

実力が大切

アニメーターの仕事というのは、原則年齢制限はありません。
採用の目安としては、高校卒業後から大学卒業までを目安として、20代半ばくらいまでを採用の目安にしているところがあるのです。
スタートは下積みからとなるため、収入や体力的に厳しい時期もあるため、それなりの覚悟が必要になるとのことです。

学校に通ったとしても必ず就職することができるわけでもなく、結局のところ画力アピールをして認められることが大切になります。
どれだけ人手が足りない制作会社だとしても、最低限必要とされる画力が無ければ採用されませんから注意しましょう。
だからこそ、常に自分の画力を磨くための努力を惜しまないような姿勢が必要になります。

求められる能力

アニメーターに求められる能力は、デッサン力はもちろんのことですが、何よりも忍耐力が求められます。
アニメーション製作の現場はとても過酷であることに加え、基本的に給料が低いことに加えて長時間労働が続きます。
アニメ好き、更に絵が描くのが好きで繰り返しの作業に耐えることができる忍耐力と体力が無ければ

アニメーターの今後について

日本のアニメは、世界的に人気があるものが多いですが、過酷な労働環境があるため、結果的に人が育ちにくい環境となっているのです。
現用、人件費の低い国に仕事を任せるところもあり、国内のアニメーターが育ちにくいところがあります。
ちなみに、デジタル技術が発達したことによって、コンピュータを使ったアニメ制作が普及していることもあり、絵が描けるだけではなく、それ専用のソフトを使いこなすだけの技術も求められるところがあります。