アートディレクター

アートディレクターという仕事があります。
これは、グラフィック系の広告を企画する際、製作に関することを行うものです。
広告代理店における責任者、あるいはデザイナーやスタイリスト、それにカメラマンなどをまとめる製作プロジェクトリーダーなどのことをいいます。

どうやってなるか

アートディレクターになるには、専門学校で技術や知識を学ぶことから始まります。
そして、関連する会社にグラフィックデザイナーとして働き、更に経験を深めていき責任者として働けるようなチャンスを待ちましょう。
独学でも目指せないことはありませんが、専門的な技術を身に付けたいのならば、まず専門学校への入学を目指すのが良いかと思われます。

アートディレクターになるためには、広告代理店、またはデザイン会社、それに一般企業における宣伝部などでの勤務、あるいはフリーで仕事をするといった場合があります。
フリーで仕事をするためには、それなりの努力はもちろん、コネクションも必要になってきます。

やりがいについて

アートディレクターは、先に紹介したとおり、実質的に製作プロジェクトリーダー的な存在になります。
ですから、チームをまとめてひとつの仕事を行うという意味でも大きなやりがいを得られることは間違いありません。
また、製作したグラフィック的なものの評価が高ければ、更に仕事に対するモチベーションが上がることは間違いありません。

需要について

広告やデザインの分野は、現在様々な分野に広がっています。
テレビや雑誌、それに街頭にある広告はもちろん、ネット上でも様々な広告があり、様々な形でのデザインが求められている時代でもあります。
当然、アートディレクターとしての仕事の需要は増加傾向にあると見てもいいでしょう。