カメラマン

カメラマン
カメラマンというのは、報道や芸能などの分野での写真を撮影することが仕事です。
写真を撮るということは、誰にでもできるじゃないかと思うかもしれませんが、それは違います。

何も考えずに単にシャッターを押せばいいようなものではなく、撮影される写真がどのようなところで、どのような目的で使われるかを意識して撮影する必要があるのです。
まずはカメラの使い方を覚える必要がありますし、撮影に欠かすことができない光の当て方をはじめとした知識を吸収して、実戦していかなければなりません。

カメラマンとは

カメラマンの仕事場は、新聞社や出版社、それに広告代理店やデザイン事務所 などになりますし、フリーで働くといった場合もあります。
フリーのカメラマンの場合は、何人かで集まって事務所を構えていることも珍しくありません。

カメラマンには専門としている分野があります。
例えば、雑誌やポスターなどに掲載される写真を撮影する広告カメラマン、新聞や雑誌などに掲載される写真の撮影を行う報道カメラマン、戦場での写真撮影を主とする戦場カメラマン、野球やサッカーをはじめとしたスポーツの場面を撮影するスポーツカメラマンなど。
この他にも、水中カメラマン、動物カメラマン、記念写真のカメラマン、結婚式場のカメラマンなどがあります。

下記のサイトでもカメラマンについて解説してあるので、参考にしてみてください。
>>camera.web-channel.net/job/job.html

カメラマンの魅力

カメラマンの魅力といえば、写真で感動を伝えることができるという点です。
何かしらの動物、料理、人物などを見たとき、何らかの感動を得たということはないでしょうか。
そうした感動を与えてくれるのは写真であることはもちろん、それを撮影したカメラマンです。

また、カメラマンの仕事はたくさんの人と出会うことができます。
仕事をするスタッフはもちろん、撮影の被写体など、行く先々で様々な人との繋がりを持つことができるのです。
一度縁が繋がれば、新しい仕事のときにまた一緒になれることもあります。

カメラマンになる

カメラマンになろうと思った場合、特別な学歴や資格が必要というわけではありません。
美術系の大学はもちろん、カメラマンを養成している学校でも、カメラの使い方や知識などについて学ぶことができますから、まずはここからスタートするというのもいいでしょう。

学校で学べることのメリットは、基礎から順番に学べることや、技術面などで壁にあたったときに、周りの人からアドバイスが貰えるというところです。
求人情報なども手に入れやすいですが、それが必ずしも仕事に直結するわけではないことは頭においておきましょう。

また、カメラマンのアシスタントとして働くことでも、カメラマンへの道が開けることがあります。
現場での経験を積みながら、カメラマンとしての技術や知識を吸収することは可能です。
ある程度時間はかかりますが、熱意があればアシスタントとして採用されるかもしれません。
そのうち自分で写真が撮れるようになってくると、独立への道も見えてくるわけです。