映像編集者

映像や動画に関わる仕事のひとつに、映像編集者というものがあります。
この仕事はどのようなものなのでしょうか。

映像編集者とは

映像編集者は、その名の通り映像を編集する仕事をする人のことをいいます。
映画製作会社やテレビ局、映像制作プロダクションに所属するなどし、世界中の国々から送られてくる様々な映像を編集し、放送用のVTRを作成するというものです。
視聴者に対して見せる映像が、そのままの形でメッセージとして伝わるため、どのように見せるのかについてのノウハウが求められる仕事となります。

どうやってなるか 映像編集者になるため、特別な資格や免許は一切必要ありません。

映像系や放送技術系の大学、あるいは専門学校などで映像に関しての基礎を学ぶことから始め、映像制作会社やテレビ局に入社することが一般的とされています。
この時、テレビ局の場合だと採用されるのは大卒のみという場合がありますから気を付けましょう。
映像編集者として力を付けてフリーで活躍している人もいます。

あると便利なスキル

編集作業については、フィルムやビデオ、そしてDVDと編集を行う分野別に扱う編集機器が違ってきます。
ですから、幅広い知識や技術を得ることを目的としてCGエンジニア検定、または映像音響処理技術者資格検定という、映像産業で活躍するために必要な知識が得られる資格を持っておくと便利です。

やりがいはあるか

元々撮影された映像に対して手を加え、視聴者にひとつの形として見せるということに対してはとても大きなやりがいがあるといるでしょう。
技術と知識次第では、ひとつの映像でもいくらでも違った形に見せることができるため、どのアイデアを採用することで、1人でも多くの人に喜んでもらえるかを考えるという面でもやりがいを感じることができるはずです。
また、個人のスキルを磨くことによって、フリーの映像編集者としての活躍をすることも期待できますから、そうした面から見ても大きなやりがいがある仕事といるでしょう。

今後の期待

現在、映像編集者の仕事ができる場所はたくさんあるといるでしょう。
テレビやビデオは元より、今は動画ビジネスが盛んになっており、少しでもいい映像を見せるための技術を持った人が望まれています。
もちろん、テレビやビデオといった娯楽が無くならない限り、映像編集者の仕事がなくなることはありませんし、そうした意味でも、今後も期待が持てる仕事といるでしょう。