放送作家

多くの人に人気のある職業としても知られる放送作家。
この仕事は、テレビやラジオの脚本を書くことで、番組の構成を考えることから構成作家とも呼ばれます。
どんなテレビ番組にも台本が存在しているのですが、そのためには企画が必要で、企画を立てる中心人物的な存在こそが放送作家なのです。
担当する番組は様々で、ドラマや報道以外の全てのジャンルを取り扱います。

放送作家になりたい

放送作家になりたいと思った時、資格や学歴は問われませんし、こうすれば必ずなれるというルートもありません。
放送作家に必要なものといえば、台本を書くための日本語力、文章力、そして企画を考えるための発想力に加え、知識の豊富さになるでしょう。
学歴についてはあまり問われることはありませんが、ちゃんと身に着けることを目的として、大学ないし専門学校で学ぶことをしている人が多いようです。
発想力については、普段から何かしら興味を持って考えることが求められます。

専門学校に行くという選択肢もあります。
ここでは番組制作はもちろん、演出や企画の出し方に加え、台本製作の基礎などについて知ることができます。
こうした場で学ぶことによって、他とのつながりを作り仕事を貰ったり、制作会社のアルバイトから才能を見いだされ、放送作家になるという場合もあるのです。

放送作家を目指す場合はテレビ局に入るべきか

テレビのディレクターを目指す場合、一般的には大学を卒業してテレビ局の採用試験を受けることになります。
ですが放送作家を目指す場合には、絶対にテレビ局に入らなければならないわけではないのです。
放送作家になるにはそれぞれの方法があるといわれるくらいで、コネを作ってなる人もいれば、ネタを制作会社に持ち込んでデビューするという人もいるのです。

放送作家に弟子入り

ひとつの方法として、すでに活躍している放送作家に弟子入りするというものもあります。
バラエティの世界では、大御所作家の事務所に若手作家がいることもあるとのことです。
面白いことが重要視されますから、発想が斬新で面白いと思われたならばすぐにでも放送作家になることができるでしょう。

ハガキ職人

ラジオ番組の中には、リスナーから届くハガキで構成された番組があります。
ここでは、このハガキが重要な役割を持っているんですが、番組のディレクターがハガキ職人は面白いということで、定期的に使ってもらえるようになる可能性があります。
そうして、知らない間に放送作家になったということもあります。

放送作家の未来について

現在、放送作家の仕事そのものは増えています。
インターネットでの番組配信によって、テレビの番組そのものが増えたこともあり、放送作家の需要は増えているのです。
ちなみに、テレビやラジオでの広告収入は減少傾向にあるため、単価も同様に下がっていくことが考えられています。
ただ、自分が得意とするジャンルがあれば、業界内でも生き残っていくことができるでしょう。