音響

音響
音響の仕事というものがあります。
これはいったいどのようなものになるのでしょう。

音響の仕事について

音響の仕事は、ライブやコンサートにおいて、音の演出を行うものです。
テレビやラジオ、コンサート、舞台などにおいて、音響のバランス調整を行うことや、機材の設置にレコーディングなどといったことを担当するのも仕事のひとつです。
PAエンジニアなどと称されることもあります。

コンサート会場においては、メイン機材の操作を行うチーフオペレーター、モニター操作を担当するサブオペレーター、その他機材の設置、オペレーターの補助を行うアシスタントで構成されています。
音響は、会場を盛り上げるための重要な役割を果たしており、アンプやスピーカーの設計・開発や、ライブハウスやコンサートホールの音響設計をする人もいます。

音響エンジニアの生活と働き方について

音響の仕事での働き場所は、録音スタジオや音響会社、または放送局などになります。
音響関連の会社に就職するなどして経験を積むというのが一般的なところです。
ノウハウがとにかく多彩であり、明らかな失敗を除き全てが正解ともいる世界いであることから、一人前になるまでには長い時間がかかります。
機材の設置、それに撤去もありますから体力勝負になるところが大きく、スケジュールはイベントによって左右されるため、どうしても不規則になってしまうことが多いです。

こんな人が向いている

音響の仕事は、音楽好きなことは当然ですし、音響に対するこだわりに加えて鋭い耳も必要になります。
更に、音楽に対する基礎知識、音作りに関する技術、レコーディング技術などで高いレベルにある人が向いているといます。
更には、音楽イベントなどでたくさんのスタッフと行動を共にするためのコミュニケーション力も求められますし、その際には体力も当然必要となってきます。

将来の展望について

音響エンジニアはコンサートだけではなく、音の演出を行う場で活動ができるため、意外に活躍の場は多彩です。
語学力が付いて来れば、海外アーティストとの仕事をする機会も貰える可能性が出てきますし、音響工学を学んで音響コンサルタントになる道も選べます。

音響エンジニアになるには

実は音響エンジニアになるためには特に資格は必要ありません。
技術職であるが故に、電子工学や通信工学の勉強をする、あるいは専門学校で音響関係の基礎知識を学ぶ必要はあります。
そうして音響関係の会社に入社するというのが一般的な道のりになります。

定期的な採用を行っているところは少ないですが、音響の仕事をアルバイト扱いで募集しているところがあるため、それで働きながら経験を積み一人前になることも可能です。
放送局の場合は大学卒が条件になっていることがありますから注意が必要です。