照明

照明
照明スタッフは、舞台やスタジオといった場面での証明を操る仕事になります。
コンサートの照明スタッフの場合は、プランナー、チーフオペレーター、オペレーターなどで構成されており、プランナーは曲やコンサートの構成によりどのような照明を使うかを決めていき、オペレーターは使う照明ごとのライティングの担当をします。

どんなところで働けるか

照明スタッフが働く場所は、テレビ局や結婚式場、それに映画会社、イベント会場などです。
照明が使われる可能性がある場所であれば、大体どこでも働くことができます。

照明スタッフのやりがい

照明スタッフはやりがいがあるかといえば、とてもやりがいのある仕事です。
あくまでも表舞台に出ることはありませんが、舞台の照明であれば、そこに出演している役者さんを照らす光になるわけで、その光の演出ひとつで良くも悪くもなってしまうものです。
役者さんの演技だけでなく、そこに照明スタッフの力が加わることで更に役者さんの魅力もアップするわけですから、その力はとても大きなものです。

裏方の仕事だからという方もいますし、確かに間違いでもないかもしれません。
しかし、自分が思っているような照明演出ができたときの喜びは他の何物にも代えることができないものがあるのです。

照明スタッフになるには

照明スタッフになるには、高校を卒業してそのまま直接照明専門のプロダクションなどの採用試験を受けてなる方法がまずあります。
それ以外にも、大学や短大、専門学校を卒業してから照明専門プロダクションなどの採用試験を受ける方法があります。
やはり知識と技術がものをいう世界でもありますから、早めに経験を積みたいのであれば高校卒業と同時に面接を受けに行ってもいいでしょう。
先に知識と技術を磨いてからというのであれば、大学などで勉強するのもおすすめです。。

照明スタッフの展望

照明スタッフの展望についてですがこちらは、ニーズそのものはあると考えてもいいでしょう。
照明スタッフの働く場所である、照明が使われる場所という意味のニーズは今後も途切れることが無いと見込まれるからです。

ただし、いくら需要があったとしても、自分の技術や知識を常に磨くことを忘れないようにしなければ、あっという間に置いていかれると思っておいて構わないでしょう。
また、いつでも照明を使って対象を美しく見せる、より輝かせるという意識を常に持っておくことが大切になるでしょう。