運営者情報

運営者について

現在映像関連職に就いています。
10年前にテレビ局の制作部に入社し、そこでテレビ放送についてのノウハウを学びました。
もちろん、そこでは音響や照明、それにアートディレクターに至るまで多彩な仕事をこなしてきました。

そもそも映像関連職に就きたいと思ったきっかけは特にないのですが、やはり普段からテレビを見ていて、「面白いな」と思う反面、「自分だったらもっといいものを作れるのに」と思ったことでしょう。
やはりそのように思ってテレビ局の門を叩く人は多いのですが、自分が生き残っていられるのは、常に新しいものを求めようとする探究心ではないかと思っています。
どの職種にしても、常に新しい技術が入ってきていますし、それについて貪欲に学び、使いこなすことができるようになっていくという姿勢も必要なのです。

実際、古い技術がもてはやされているところもありますが、それにばかりに頼っていると技術はどんどん錆びついて行ってしまいますし、視聴者に対してもインパクトを与えられない、いわゆるマンネリになってしまいます。
このマンネリ化を避けるための努力を続けてこれたからこそ、今があると思っています。

映像・動画関連の仕事にはどのような職種があって、どのような就職先があるかをできる限り細かく紹介しています。
これからこの業界で働きたいという方は是非とも参考にしてみて欲しいです。

略歴

2005年 某テレビ局 制作部入社以来、カメラマン、音響、照明などあらゆる職種を経験し、今に至る。
持ち前の探究心と、ノウハウを身に着けようとする貪欲さでしぶとく生き残り続けている。
2015年冬には退職し、2016年春にはそれまでに得たノウハウとコネクションを活かし、フリーランスとして活動を開始予定。